汗をかく むくみ

汗をかくとむくまないわけじゃありませんよ!

汗をかくのにむくむあなた、
体のめぐりが悪いからじゃないですか?

 

 

汗をかくと身体の水分が失われるので、水分補給は必須です。
暑い時期は汗をかくのにむくみという水分が溜まっている
状態になると言うのはなんだかイメージしにくいです。

 

暑い時期というと夏を連想しますが、今は冷暖房がしっかり
しているので、夏でも寒く、冬でも暑い事なんてたくさんありますよね。

 

夏はエアコンで体が冷えてしまい、冬は気温が寒いので
身体も冷えてしまいがち。

 

結局一年中暑さや寒さと戦わなきゃいけないんですよね。

 

汗をかくのにむくむと言う時には、血液の流れがスムーズに
いっていないのかもしれません。

 

血液の流れが滞ってしまうために、水分の代謝も上手くいかずに
むくんでしまっている可能性が高いです。

 

冬は気温も低いから、汗をかいても水分補給は滞りがち。
それが血液の循環の妨げになってよけいむくみの原因を作ってしまう
事にもなりかねませんよ。

 

⇒水分の流れを良くするためには?


 

 

汗をかくからって塩分摂りすぎていませんか?

 

最近の食生活は、味付けの濃いものばかりです。
家で料理するなら調整することはできますが、現代人は濃い味付けに
慣れてしまっています。

 

健康のためにと薄味で作った料理も、旦那さんや子供さんに

 

「味が薄くてまずい!」

 

なんて言われたことありませんか?

 

季節に限らず味の濃いものが美味しいと言われる現代人の食生活は、
むくみやすい体にしてしまいます。

 

塩分は水分をため込んでしまうのはご存知ですよね?

 

私たち人間の体は、塩分濃度を一定に保とうとしています。だから、
濃い味付けの物を食べると体の中の塩分が上昇し、それを薄めようと
水分をため込んでしまいます。

 

塩分を体外に出すためには、水分も重要ですが、もう一つ重要なものが
あります。

 

それは「カリウム」です。
カリウムは塩分であるナトリウムを体の外に出してくれる大切な栄養素です。
でも、今の食生活は、そのカリウムが不足してしまっています。

 

⇒不足しがちなカリウムを”摂る”対策!


 

 

野菜を食べてカリウムを摂ろう!

 

塩分の排出の手助けをしてくれるカリウムですが、野菜に多く含まれています。
キュウリやナス、トマト、いも類などに含まれていますから手軽に摂ることができます。

 

キュウリやナス、トマト、イモ類と言った野菜は、一年中スーパーに並んでいますから
比較的摂りやすい野菜ではあります。

 

でも、効果的にカリウムを取って塩分を体にためない、むくまない体を作るには
一つ問題があるんです。

 

 

カリウムは水に溶けやすい!

 

むくみ対策に効果を発揮してくれるカリウムですが、カリウムは水に溶けやすい
性質を持っています。

 

つまり、茹でたり煮たりすると失われてしまうんです。
生で食べる事が理想ですが、生で食べやすい野菜と言うのは体を冷やしやすく、
むくみだけではなく冷えの原因にもなってしまう事があります。

 

茹でたり煮たりしたときには、煮汁ごと食べると言うことが必要になってきます。

 

でも、一つの栄養素を摂ろうとすると、他の栄養素が不足してしまったりして
バランスを考えるのが大変です。

 

自分で料理しないなら、そのバランスを摂るのはとても難しいものになります。
でも、むくみのない体を作るためには、栄養バランスを考えて食べる事が必須に
なります。

 

汗をかくのにむくみがあると言うのは、体のどこかがうまく機能していないと
言うことです。

 

そのためには栄養をしっかりと摂りながらむくみ対策をしていく必要があります。

 

⇒食事以外で摂れるむくみ対策の栄養成分!