カリウム とりすぎ

腎臓に問題がなければカリウムのとりすぎは心配なし!

カリウムのとりすぎを心配する必要はありません。

 

腎臓が健康なら余分なカリウムは尿で排出されます!

 

 

むくみ対策にはカリウムは効果的な栄養素です。でも、カリウムのとりすぎは高
カリウム血症などの副作用があるから、摂りすぎには注意した方がいいと言う事
が言われている場合があります。

 

でも、カリウムのとりすぎを心配するのは、あなたの腎臓機能に問題がなければ
その必要はありません。

 

カリウムのとりすぎが体に害を与えるのは、腎臓の機能に問題のある方に限ら
れていると言っていいからです。腎臓の機能に問題がなければ、むくみや成人
病予防のためにカリウムを多く含んだ食品を積極的に食べてください。

 

もし腎臓の機能について不安があるのなら、病院で一度検査してみることをお
勧めします。

 

 

摂りすぎたカリウムはおしっこで排出される!

成人病の予防、高血圧の予防、むくみの改善のためには、塩分を控えめにして、
カリウムをたくさん取る事が効果的だと言われています。

 

以前バナナダイエットやバナナ健康法と言う物が流行ったことがあったと思いま
すが、これは上記のような症状の予防にカリウムが効果があるからです。

 

カリウムは生野菜や果物に多く含まれていますし、スイカにも多く含まれていると
言う事は、あなたもご存知だと思います。

 

カリウムは腎臓にとっても良い作用がありますから、むやみに心配をしてしまうこと
はかえって健康を損なう事になります。

 

野菜や果物以外にもポカリスエットや野菜ジュース、トマトジュースなどにも多く
入っていますし、カリウムの効果は腎臓を保護する薬にもカリウムを上昇させる
効果がある物を使っている事からもわかります。

 

あなたが健康的な生活を送っておられるなら、カリウムをとりすぎたとしても、余
分な分は尿と一緒に排出されますからとりすぎの心配ありません。

 

 

むくみ対策のためには、カリウムは何から摂るのが効果的か?

前述のように、カリウムは多い食品を特別に探さなくても、野菜や果物、それを
原料にしたジュース等でも補う事ができますから、バランスの取れた食事をして
いればある程度は取る事ができます。

 

ただ、むくみ対策のためにカリウムを摂るとなると、普段の食事だけでは不足し
ている可能性があります。そもそも普段の食生活でカリウムが十分摂れていれ
ば、あなたはむくみに悩むことはないはずです。

 

むくみは冷え性との因果関係もありますから、体を冷やす食品である野菜ジュー
スや生野菜、果物を食べて1日に必要な量のカリウムを摂ることはあまりお勧め
できません。

 

そのためには、サプリメントでカリウムを補うことがイチバン安心な方法になりま
すし、それがサプリメント本来の使い方になります。

 

ただサプリメントは健康食品ですから、いくら飲んでも問題ないと言われていま
すが、あなたが無茶な飲み方をすれば当然体に害はあります。ただしそれは、
極端な偏食をしているのと同じと言う事です。

 

無茶な使い方をせず、あなたの腎臓に問題がなければ、カリウムのとりすぎを
心配するよりも、サプリメントなどで積極的にカリウムを補ってあげる方が、むく
み対策にもなり成人病の予防にもなります。

 

⇒サプリメントで効果的にカリウムを「補う!」