尿量 増やす

尿量を増やすだけじゃむくみ対策にはならない!

尿量を増やすだけじゃむくみ対策にはなりません。

 

 

むくみと言えば、余分な水分が滞っている状態ですが、おしっこの量を増や
したからと言ってむくみが軽くなる訳ではありません。

 

ひつようなのは体の中で充分に水分代謝が行われる状態を作る事です。
単に排泄する水分の量を増やしても、逆に水分量が少なくなり血流が悪く
なって、逆にむくみを悪くすることになりかねません。

 

あなたが尿量が少ないと気にされているのなら、増やすことを考える前に
次の事をチェックしてみてください。

 

水分の量はちゃんと摂っているか?

 

体の中のミネラルバランスはちゃんと整っているか?

 

いかがでしょう?尿量は水分の量だけじゃなく食べ物からあなたが摂った
ミネラルのバランスにも左右されるんです。

 

おしっこの量を増やすだけじゃなくミネラル、特にカリウムと塩分のバランス
に注意を払う事が必要です。

 

⇒不足しがちなカリウムを補うには?

 

あなたの生活習慣はどのようなものですか?

食事が偏りがちだったり、自分なりのダイエットで食事制限していたりすると
栄養が偏っている事に気付かずにいることが多いものです。

 

また、あなたに飲酒の習慣があるときには、水分は補給しているものの、そ
の時にミネラルも一緒に排出してしまう事から、バランスが崩れがちになりま
す。

 

要するにむくみがちな身体になってしまうと言う事です。

 

飲酒はいっけん尿量が増えたように感じますが、ミネラルバランスを崩します
ので注意が必要です。

 

お酒の飲みすぎは避けて、お酒を飲むときにはミネラルを含んだ食べ物を積
極的に摂るように心がけましょう。

 

腎臓の機能に異常があったり、何かの病気の影響と言うのでなければ、生活
習慣や食事の習慣、味付けを変えるだけでむくみもかなり改善されることが多
いものです。

 

むくみを感じる方は、水分摂取が少ないことも多くあります。むくみたくないばか
りに水分を嫌ってしまうのですが、適度な水分補給は体にとって必要ですし、
血流を整える意味でも大切な役割をします。

 

よくダイエットには1.5リットルの水を飲むのが良いと言われますが、あなたに最
適な水の量は、「飲みたくなったら飲む」事です。

 

必要以上に飲んだり、飲まなかったりと言うのは、体に取って何の意味もありま
せん。あなたの体が必要と感じたシグナルを素直に信じ水分補給してください。

 

その方がずっと体に良く、むくみ対策にもなるはずです。