メリロート 肝機能障害

メリロートは肝機能障害の危険性が!

メリロートと肝機能障害の関係ちゃんと知ってますか?

 

ある製薬会社のメリロートサプリは製造を止めてますよ!

 

 

メリロートの有効成分はクマリンと言う物です。これは血行の改善効果があり、
むくみの改善や予防に効果があると言われています。

 

そして、メリロートはダイエットにも効くと言う話があります。これはクマリンの血液が
固まりにくくする抗血液凝固作用が末梢血液の循環を良くして、
セルライトを取り除くためと言われています。

 

確かにメリロートはむくみの改善に効果を発揮してくれると思いますが、その使用法には
注意が必要です。というのも、メリロートのサプリを使用した方の中に、肝機能障害を
発症してしまったという事例が、厚生労働省から2件発表されているからです。
⇒参考記事「メリロートは副作用があるの?肝臓障害の報告があります!」

 

この厚生労働省から発表されたメリロートのサプリは、大手サプリ会社の物でした。
もちろんあなたが知っている、TVや雑誌でも頻繁に見かける有名な会社の物です。
そしてメリロートは、別なある大手製薬会社では製造中止になっています。

 

 

メリロートサプリの危険性!

 

メリロートサプリに入っているクマリンの量は、ヨーロッパでは肝臓への毒性を考えて、
安全基準を設定しているのですが、肝機能障害の発症原因ではないかと言われる
大手サプリメーカーのメリロートサプリには、そのクマリンの含有量が、

 

ヨーロッパの安全基準の2倍以上入っています!

 

そして今もその含有量は変わっていません!

 

医薬品はサプリと違って、含有量の規定と明確な表示の必要がありますが、
サプリメントにはそれがありません。このメリロートサプリのクマリンの含有量は、
医薬品で決められた一日の服用量の2倍以上にも相当します。

 

サプリメントの有効成分が、薬と同じような成分を含んでいる時には、使う前に十分な
注意が必要です。体を壊してしまっては、むくみを取るとか痩せたいとかそんなこと以前に
取り返しのつかない事になってしまいます。

 

メリロートサプリの副作用!

EUの安全基準の2倍以上、医薬品の2倍以上のクマリンが入ったメリロートが、
今でもなんの問題もなかったように販売されています。

 

医薬品でクマリンの入った薬は処方されます。ですから効果は必ずあると言うこと
になります。だからサプリでも効果を期待することができます。

 

でも問題なのは、「成分が入りすぎている」と言うことです。

 

メリロートがあなたの体に合わなかったり、成分を多く摂りすぎたりしたら、肝機能障害の
危険も考えなくてはいけません。

 

「適量を守っていれば大丈夫!」と安心するのはまだ早いんです。

 

たとえサプリメーカーの適量を守っていたとしても、あなたに合わなければ同じように肝機
能障害の副作用が、メリロートを飲んだことで襲ってくるかもしれません。

 

日本で使われている医薬品の主な上限の目安を基本にして、飲む事がいちばん安心
できるのではないでしょうか。

 

ただ、副作用の心配のあるサプリを使ってむくみに対処するぐらいなら、副作用の心配の
ないもっと安心出来るサプリを飲む事をお勧めします。